こんにちは

RNBヒロです。

私が副業・ネットビジネスを始めた理由



大分駅の屋上で遊ぶ娘。可愛いくて幸せです。



【長文です】

改めて、何故ネットビジネスを初めたのか、
振り返ってみました。


「なぜ、サラリーマンだけで終わらずに、副業をやろうと思ったのか」




正直にお伝えすると、


挫折とネガティブな理由で
ネットビジネスに辿り着きました。


私は、転勤があるサラリーマンをやっており、

入社3年目で1度目の転勤、
そして転勤先で出世して、
社長賞を受賞するほど
ブイブイいわせてました。

その時は、天狗になっていまして、

「俺は、この会社でトップになるんだ!」

と本気で思っていました。


立派なサラリーマンになって、
年収1000万以上稼ぎ、
部長や役員になることが
人生のゴールだと学校で教わり
それを信じていました。


入社して、6年間毎年A評価で、
同僚の中でも、一番の出世頭でした。

かなりの仕事量をこなしていたので、
20代で既に月収50万円位ありました。

俺は勝ち組だー!!

とか思って、休みなく
毎日仕事に明け暮れていました。

「休日出勤している俺カッコイイ」

とか、本気で思っていました。

そんな勢い?を買われて、

新規開拓のメンバーに選抜され、
100名を超える従業員を
マネジメントする立場になりました。

同じマネジメント立場の社員は
40代がメイン層となっており、

その中で唯一私だけ、
20代と若く、
かなり生意気なガキだったと思います。

当然、そんな生意気なガキは嫌われるわけで、


『出る杭は打たれました。』


自分は偉いし実力もあると勘違いしている
20代の経験不足な私は、

40代の同じ役職の社員から、
妬まれ、疎まれ、嫌がらせをされました。

会社という組織にいる以上、
個人プレーが多いと悪目立ちしてしまいます。
調子に乗って生意気でしたので、なおさらでした。


会社の他メンバーからの
情報共有が途絶え、
会議やMTGなどの招集から
あえて外されたりと
嫌がらせを受けました。

そんな嫌がらせや
足の引っ張り合いに対して、
私も黙ってはおらず、
全社を巻き込んだ、
かなり大きな騒動まで発展しました。

そんなこんなありまして、
新たな配属先の上司といいますか、
同役職の管理者が、嫌で、嫌で、
会社に出社したくなくなりました。

順風満帆で出世コースど真ん中だった
私のサラリーマン人生で、


初めての挫折でした。


入社して、最短で昇格し、
最年少で管理職になり、
この会社で一番出世してやる!と
それなりに自信もあったのですが、
俺は凄いと勘違いし驕った結果、
経験豊富な先輩社員に潰されてしまいました。
ほんと自業自得です。

いつも酔っ払って、
遅刻してくる上司と大げんかして、
本人に対して、『生理的に無理』と言い放ったこともありました。

これは、なかなかの大事件になってしまいました。

その事件がきっかけで、
さらにギクシャクしてしまい
サラリーマン人生が嫌になりました。

私の上司は、
いつも酔っ払って、毎日遅刻して、

事前に重要な情報共有も忘れており、
いつも急な対応を迫られていました。

イライラが募りに募っていました。

今の会社が嫌になり、
転職を考えるようになり、
実際に好条件で引き抜きの話もあったのですが、

結局、サラリーマンでいる以上、
足並み揃えて、
周りと協調しながら行動することを
求められます。

目立ってしまうと嫌がらせにあい、
上司との相性で、良し悪しが決まってしまう。


自分の人生は、自分でコントロールしたい。


転職しても、同じような上司にあたる可能性もあります。
そうなると、また同じことの繰り返しになるのかなと思い
転職はしませんでした。


従業員で働く以上、
どこの企業で勤めても、
結局かわらないなと気が付きました。



私は、社会不適合者であり、
サラリーマンには向かないな。

自分は凄いと勘違いしていただけだったんだな。

と、とても反省しました。

思い上がっていた自分が悪かったのです。


今でも転職サイトから、
30代年収1000万以上の
エグゼクティブオファーメールが
届きます。


でも、嫌な人たちと我慢して働きたくない。
働く仲間は自分で決めたい。
給料がよくても、このままじゃ幸せになれない。



そう思うようになって、

自分に何ができるだろうか。
転職以外でお金を稼ぐ方法はあるだろうか。


考えました。


そして、


「自分で起業すればいいんだ!」


と考えるようになりました。


『好きなことで生きていく』


といったフレーズがありますが、

妻子を養う必要がある
私には、そんな余裕なくて、

生活がかかっていたので、
なんとかして、自分の力で稼ぎたい!
そして、今より生活水準は下げたくない!
家族に迷惑かけたくない!

現状に焦り、なんとかしなければ!!

との思いが日に日に強くなりました。



今需要があるビジネスは何か、
そして自分に何ができるだろうか、



こればかり考えました。



そこで、思いついたのが、


『人材派遣会社』

『洗濯ビジネス』


この2つでした。


『人材派遣会社』は、
私が良い人材を育成して、
企業に紹介することで、
紹介料を得ようと考えました。

しかし、
派遣法の改定問題もあり、
そもそも多くの資金が必要なので、
一旦見送りました。


『洗濯ビジネス』は、
共働き家族や高齢の方対象で、
洗濯ができない人向けに
宅配ボックスを活用して、
洗濯物の集荷とお届けのサービスを
やろうと本気で考えました。

必ず需要はあると思っており、
これは今でもやりたいビジネスです。

ただ、当時、
この『洗濯ビジネス』を始めるためには、
今住んでいる地域に住み続ける必要があったので、
そこがネックでした。


住む場所を縛られたくなかったので、
このビジネスも一旦見送りました。



自分の力で稼ぎたい

住む場所に縛られたくない

働く仲間を選びたい



そうして、辿り着いたのが、


ネットビジネスでした。


幸いにも、
私は学生の頃から
趣味でヤフオクをしており、
ネットビジネスに対する抵抗はそこまでありませんでした。


当時は、お小遣い程度しか稼げなかったので、
ここまで本格的にネットビジネスで稼げるとは思ってもいませんでした。


インターネットで、起業、独立で検索したところ、

インターネットを使ったビジネスの存在を知り、

調べ進めていったところで、



ヤスさんと出会いました。

ヤスさんとの出会いが、

私の人生のターニングポイントでした。





次回は、


なぜ、数あるビジネスの中からネットビジネスを選んだのか


そして、ヤスさんとの出会い


なぜ、数あるジャンルから「物販」と「情報発信」を選んだのか?


を投稿したいと思います。






今、振り返ってみると、
あの苦手な上司がいなければ、
休日返上で働くことがカッコイイと
勘違いしているサラリーマンのままだったと思います。


今では、当時の上司に感謝しています。
お陰さまで、私はネットビジネスに出会うことができました。
自分の過ちにも気が付く事が出来ました。

これからは、好きな仲間と一緒にビジネスしていきます。







「初心者がまずは10万円稼ぐようになる」
無料メール講座の登録は、こちらからどうぞ
RNBメルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
ドコモなどのメールアドレスには、配信できない可能性があります。
Gmailアドレスなどで登録をよろしくお願いします。