こんにちは

RNBヒロです。

【前回のお話】
人生で初めて死を意識しました


精密検査の結果が出ました。




健康診断の結果、

縦隔腫瘍を指摘され、

緊急精密検査となりました。



今まで一度も健康診断で引っかかったことがなく、
健康が取り柄と言って良いほどでした。


今年は、去年と比較して、
10キロ減量に成功して、
定期的に運動もしているので、
健康診断もワクワクして結果を見たんだけどなぁ。



本当に背筋が凍りました。
初めて死を覚悟して、
我が子のこと、
妻のことを考えました。



健康診断の結果を家族に伝えきれずに、
翌日、精密検査を受けに総合病院にこっそりと行きました。



総合病院の受付で、

「健康診断の結果、精密検査を受けるように言われました」

と、受付のお姉さんに伝えて、
結果表を見せたところ、



「これは・・・」



と言われて、
どこかに電話で確認をして、



「すぐに先生を呼びますので、
総合内科の待合室でお待ちください。」



とかなり不安な感じの対応をされました。



いや、そんなこと言われたら、怖いし。汗



とか思いながら、


総合内科の待合室でしばらく待っていたら、
待合室のテレビから、



『緊急地震速報です』

『直ちに安全な場所に避難してください。』




と、緊急アナウンスが流れ出しました。



一瞬ドキッとしたのですが、
病院内だし大丈夫かなと思っていました。



しばらくすると、

北海道地震の余震であることが伝えられて、
私の地域は該当しないことがわかりました。

北海道余震が早く落ち着くことを願っています。



私の不安を煽るかのような出来事で、

その状態で血圧を測定したので、

いつも以上に心拍数が上がっていました。



しばらくして、
総合内科の医師から呼ばれ、



最近、体調に変化はなかったか、

動悸息切れ、立ちくらみ、息がしにくい、

胸が痛いなどの自覚症状はないかなど、

問診をされました。



昨年の体重と比較して10キロ減量となっているが、

これは、、、体調が悪いのではないか、

とも言われてしまいました。



特に体調不良はないことを伝えたところ、



ひとまず、CTスキャンをして、
もっと詳しく調べてみることとなりました。



本来ならば、CTスキャンを受けるためには、
予約が必要みたいだったのですが、



医師の判断で、
予約の患者さんに少し待ってもらい
至急対応するようにと看護士に伝えていました。



私の容態は、本当にまずいのか!?



とさらに不安になりつつ、



すぐにCTスキャンの部屋に案内されました。



ガガガガっと、



CTスキャンされて、



その後、心電図検査をされて、



総合内科の待合室で検査結果を待ちました。



待っている間、



開胸手術になると、
2週間程度の入院か〜
仕事や育児など
どうするかなー



妻にどのように報告しようかなー

とか、考えていました。



しばらく待っていると、



アナウンスで呼ばれましたので、


ドキドキマックスですが、


覚悟を決めて


診察室に入りました。



そこで伝えられたのが、



特に異常は見られませんでした。



問題ないことを伝えられました。




つまり、健康診断の診断結果が誤診だった?



お医者さんが言うには、



「レントゲン検査だけでは、
正確に判断できなかったから
見間違えたのでしょう。」



と、



特に異常なしとのことで、
安心しましたが、


健康診断の結果表に

ガッツリ、腫瘍と記載されていたので、

本当に焦りました。



命あることに感謝して、



家族のために全力で生きたいと思います。



これを機に人生観が変わりました。



初めて死を覚悟して、

死を意識した出来事でした。



生かされたこの命

全力で生きたいと思います。



これからも、



ネットビジネスを極め



物販を極め



RNBコミュニティメンバーを増やし、



稼げる仲間を増やしていきます!!



生きていることの奇跡に感謝して、

まだまだ自分にできること

新しいことに挑戦し続けます!!



「俺ならできる!」

「俺ならできる!」

「俺には俺がついている!!」




最近、レペゼン地球の歌にハマっています。



勇気付けられます。