こんにちは

RNBヒロです。

2019年10月からの軽減税率について考えよう





昨日、税理士相談に行ってきました。
青色申告の準備を粛々と進めております。

税理士さんとの会話で、
2019年10月より、消費税が10%に増税され、
軽減税率制度についても話題になりました。

消費税が変更になるだけでも、
システム変更などが必要になるのですが、
更に、軽減税率制度の実施により、
混乱すること間違いなし!!

って、日本に住んでいる以上、
避けては通れないので、
ある程度の理解をしておきましょう。


軽減税率とは?






2019年10月に消費税が増税されます。

消費税 8% ⇒ 10%

増税の中、一部商品については、
消費税を8%に据え置く制度が誕生しました。

それが、軽減税率です。

軽減税率対象品は、

酒類・外食を除く飲食料品
○ 週2回以上発行される新聞 (定期購読契約に基づくもの)


以上になります。


食品の税率は8%なのですが、
外食は除外されます。


つまり、

マクドナルドに行って、
お持ち帰りで購入すれば、消費税8%
店内飲食をすれば、消費税10%となります。

海外で店内飲食の場合は、チップを渡しますよね。
海外であるチップに似ていますね。

フードコートや外食産業など、
お持ち帰り推奨が増えるかもしれませんね。

とはいえ、2%・・・。

税抜き500円の飲食代金の場合、

店内550円、お持ち帰り540円

その差10円です。

この差額を企業が負担するか、お客さまが負担するか、
はたまた2つの料金設定にするかは、
企業によって選択できるそうです。


価格表示も3パターン選べるそうなので、
企業有利な表示方法になるでしょう。





そんなこんなで、
この2%の軽減税率制度による増収益と
運用に対応するコストを比較した時に、
果たして、軽減税率にメリットはあるのでしょうか・・・

2%の対応で、どれだけの経費が発生するのだろうか。
確定申告、決算報告も複雑になっています。

うーん。



2%を節約する人も沢山増えるんだろうな。
クレームだったり、トラブルも発生するんだろうな。


でも、それ以上にメリットがあるから
軽減税率制度を開始するはずなので、
前向きに取り組んでいきましょう!!


私には明確なメリットがまだワカリマセンが、、、汗


外食産業を経営している人は、
仕入れは消費税8%、売上げは消費税10%となるので、
注意が必要です。

従来どおりの考えだと、
利益率が2%変わってきますからね。

年間1億の利益だと200万円の誤差になるので、
結構痛いですよー


コンビニのイートインスペースは、
無くなるのかな。



消費税が気にならないように、
今のうちから稼ぎましょう!!


物販ビジネスでは、
消費税納税義務が発生するので、
こちらもしっかりと対策をしていきましょう。






「初心者がまずは10万円稼ぐようになる」
無料メール講座の登録は、こちらからどうぞ
RNBメルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
ドコモなどのメールアドレスには、配信できない可能性があります。
Gmailアドレスなどで登録をよろしくお願いします。